2006年05月14日

圧倒的なすきま(高麗橋×伏見町3丁目)

091402ATTOUTEKI-O.JPG 091402ATTOUTEKI-U.JPG

南北に規則的に並ぶ町は東西道路の背割りで向き合う。その背割り
の「すきま」は様々な生活によって埋め尽くされる。が、歴史の積み
重ねによる時間が支配する「すきま」には他を寄せ付けない、圧倒的
な迫力に支配された何かがあるのだ。<トンチュアン>
posted by トンチュアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |  三休橋筋でええはがき展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17858985

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。