2006年06月18日

●大阪の街を作った水路 太閤下水

まちの背中に設けられた太閤下水
03060401edo-back.jpg 03060400taikoh-face.jpg

大阪には大川や堀川の他に、400年も前に太閤秀吉によって作られた水路が船場を中心に残され、いまも使われている。「太閤下水」と呼ばれるこの水路は、単に水を流すだけでなく、大阪の街の姿に昔も今も影響を与え続けている。

秀吉は42間(約76m)四方の区画中央に東西に通る水路を設けたため、東西に延びる町が自然にできた。大正から昭和にかけて、堺筋や御堂筋が造られるまでは、平野町など東西の通りが大阪のメインストリートであった。
(写真:大阪市都市環境局「大阪の下水道26」より)



浮き世小路

03060405ukiyo-back.jpg 03060400taikoh-face.jpg

今橋と高麗橋の町丁界を東西に通る通称「浮き世小路」は、太閤下水を埋めた跡と言われている。秀吉が作った水路はその姿を路地に変え、船場では数少ない静かで落ち着いた空間を生みだしている。



現在も使われている太閤下水
03060404minami_ohe-back.jpg 03060400taikoh-face.jpg

明治27年の下水道改良事業では市内約120kmの水路が対象となり、近代下水道の基礎となった。現在でも中央区・西区で約20kmの太閤下水が使われており、南大江小学校では石垣などかつての姿を見ることが出来る。
(写真:大阪市都市環境局「大阪の下水道No.26」より)



暗渠化された太閤下水
03060403after-back.jpg 03060400taikoh-face.jpg

永らく開渠であった太閤下水は、明治27年以降、大阪最初の下水道改良事業のため底や石垣はコンクリートやモルタルで固められ、さらに石板の蓋をされて、ついに人々の目の前から姿を消した。
(写真:財団法人 大阪市都市協会「写真で見る大阪市100年」より)



太閤下水 かつての姿
03060402before-back.jpg 03060400taikoh-face.jpg

太閤下水は通常一尺〜四尺(30cm〜1.2m)の幅であったが、大きなものは二間(3.6m)に及ぶものもあったという。素堀りしたあと、間知石または栗石で石垣を組み、漆喰がほどこされていた。
(写真:財団法人 大阪市都市協会「写真で見る大阪市100年」より)


posted by Unknown Soldier at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) |  水都大阪展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。