2006年07月19日

●大阪の思わず・・・なところ

大阪のええ感じの通り・路地・建物を紹介したくて、描いてみました。でもなぜこの場所を?と思われるでしょう。実は裏のテーマがあります。空間自体もええ感じで好きなのですが(好き嫌いがあると思いますが…)、単に空間がええ感じなのではなく、そこでうまいめしが食えたり、うまい酒が呑めたり、おもろい人と話せたり…。店を訪れ生活者と時間を共有するという行為を通じて、まるごと「ええ」感じを感じてもらえればよいかと。はがきを持って、是非一度ドアをくぐってみて下さい。

思わず一息 (中央区難波1丁目)
031401HITOIKI-O.JPG 031401HITOIKI-U.JPG

広い通りながら…怪しい雰囲気によりあまり人が通らない。歩いて
いてもちょっと落ち着かない。だからこそ思わず一息なのかもしれ
ない。「ポロの店」のカウンターでオフクロの味と楽しい会話を
是非とも。<トンチュアン>


思わず合掌 (中央区千日前一丁目)

031405GASSYOU-O.JPG 031405GASSYOU-U.JPG

築50年を越す横丁には様々な人生模様。訪れる人も多様であり、
それぞれの時間を過ごしている。横丁と同い年であるバー「夕顔」
のマスター。ギャラリーのオーナーでもあり、横丁に惚れ込み横丁
を満喫中。<トンチュアン>


思わずいい感じ (中央区東心斎橋2丁目)


031404IIKANJI-O.JPG 031404IIKANJI-U.JPG

家庭料理にたこ焼き・おでん、イタリアンから最後に一杯という
気分のバーまで、ミナミは裏路地にこそいい感じが残されている。
最後に一杯、に是非「酒や」へ。一歩店に入ると明るいマスター、
思わずいい感じ。<トンチュアン>


思わず後ずさり (中央区西心斎橋2丁目)
031403ATOZUSARI-O.JPG 031403ATOZUSARI-U.JPG

香港に存在した九龍城をご存知だろうか?ミナミではこのあたりが…、
と考えている。雑居ビルの小さな扉の向こうには何があるのかいまだ
に分からない。が、「海」を覗くと気さくなマスターがリラックス。
<トンチュアン>


思わずうれしい (中央区難波1丁目)
031402URESII-O.JPG 031402URESII-U.JPG

ご存知の法善寺横町である。石畳と光の感じがいい。人と人の肩が
ぶつかる賑わいもいい。しかし、横丁からはうかがえない空間の広
がりも結構…。「わん」のマスターとしゃべりながら思わずうれし
くなる。<トンチュアン>
posted by トンチュアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |  思いがけない大阪展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。