2006年08月05日

●絵になる御堂筋

絵になる御堂筋・道修町
070901dosyomachi_u.jpg  070901dosyomachi_o.jpg

大阪のビジネス拠点である淀屋橋〜本町周辺は平日の人通りの多さに
比べて、休日は閑散としているといわれてきました。しかし、御堂筋
沿道ビルの1階に商業施設の進出が続き、その様子が変化しています。
道修町にあるこのイタリアン・レストランのオープンテラスで休日の
ひと時を過ごす人たちが増えています。




絵になる御堂筋・北久宝寺町

070905kitakyuhoji_u.jpg 070905kitakyuhoji_o.jpg


大阪のビジネス拠点である御堂筋ですが、休日の賑わいは以前は長堀通りより北にはありませんでした。近年、ブランドショップの進出で賑わいは南船場まで北上しました。そのさらに北に、御堂筋沿いであることを意識し、御堂筋の景観を活用したカフェが登場し、賑わいはさらに北上しました。




絵になる御堂筋・本町
070904honmachi_u.jpg 070904honmachi_o.jpg

「御堂筋」の名前は、もちろんこの地で400年以上の歴史を刻んで
きた「御堂さん」に由来しています。都心の芸遜・文化の発信拠点
でもある北御堂では、平日のランチタイムにミニコンサートがおこ
なわれており、周辺のビジネスマンに安らぎのひと時を与えています。
(写真提供:御堂筋まちづくりネットワーク)




絵になる御堂筋・平野町
070902平野町_u.jpg 070902平野町_o.jpg

御堂筋の拡幅工事と同時期に建設されたガスビルは、
2002年に登録有形文化財に指定されました。その
8階の南東角、当時大阪随一の商店街であった平野町
通りと、新しい大阪の大動脈になるであろう御堂筋を
見守る位置にある欧風レストラン「ガスビル食堂」。
ガスビルとともに2003年七十周年を迎えました。




絵になる御堂筋・淡路町
070903淡路町_u.jpg 070903淡路町_o.jpg

「えっ、ここも御堂筋?」大規模ビルが林立する御堂筋沿道に、
間口6mの2階建ての小さなショップができました。お店の前の
プランターボックスや何気なくおかれている自転車に、ビジネス
街の新たな可能性を感じます。



posted by 左ウィング at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) |  大阪は絵になるやろか展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 道修町道修町(どしょうまち)は、大阪府大阪市中央区 (大阪市)|中央区(船場)にある地名。薬の町として知られる。江戸時代に、中華人民共和国|中国やオランダからの薬を一手に扱う「薬種中買仲間」が店を出す..
Weblog: 大阪探索どっとこむ
Tracked: 2007-08-01 04:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。