2006年09月28日

大阪市精華学習ルーム・精華小劇場 その5 ―旧大阪市立精華小学校―

081605rensou_o.jpg 081601u.jpg

大阪高島屋に近い戎橋筋商店街の中に「校學小華精」と書かれた石板を見ることができます。
間口が狭いので見落としそうですが、ここはかつて大阪市立精華小学校の正門でした。
平成7年の閉校まで道頓堀界隈の子供たちが学んでいました。
現在、教室は生涯学習ルームとして一般利用が可能で、1階体育館は2004年秋より精華小劇場として関西演劇人育成の場として活用されています。

−精華小学校の思い出 その5−昭和初期、日本最大の都市となった大阪を「大大阪(だいおおさか)」と呼んでいた時代。
まちの人々が子弟のためにお金を出し合い地域の小学校を作った時代でもあります。
この校舎の竣工は昭和4年、その時代には少なかった鉄筋コンクリート造りのエレベーター付き、地下1階・地上4階建て、1階の廊下にはガラスブロックが嵌め込められ、地下階への明かりを運んでいました。
今となっては文化財に成りえるほどの立派な校舎です。
それから80年近く、大阪の中心地で静かにまちの栄枯盛衰を見守っています。



posted by Wa! at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) |  かっこええ大阪展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。