2006年10月17日

大阪市精華学習ルーム・精華小劇場 その6 ―旧大阪市立精華小学校―

081606koutei1_o.jpg 081602u.jpg

この建物は昭和4年に竣工しもう75年も経つ建物です。
設計は増田清という大阪を中心に活躍した建築家で、大正10年から昭和4年にかけて小学校だけでも大阪市内に15校を設計しています。
いずれも耐震性を考慮した鉄筋コンクリート造ですが、「合理的な力の流れを考慮した構造美のようなものが感じられるものが多い」と評されています。
三木楽器本店(大阪開成館三木佐助商店:中央区北久宝寺、大正13年竣工:登録有形文化財)も同氏設計によるものです。

−精華小学校の思い出 その6−2006年10月5日NHK総合TVで『大都会(まち)の止まった空間』というキャプションが付いた作品がこの作品です。

実は、TV取材の為にこの建物の取材許可をもらう条件に、場所を明かさないという条件があったそうで、作品の題名を替えなければなりませんでした。

繁華街に位置するこの建物に一歩足を踏み入れると、静寂な時間が流れるという思いを込めて、この題名になりました。

この作品を撮ったのは2004年なので、校舎の背後には1棟のホテルだけですが、2006年10月『OIOI』がOPENしたので、現在では背後に2棟の建物がニョキっと現れています。
大都会の変わりゆく風景です。


posted by Wa! at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) |  かっこええ大阪展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。