2007年07月03日

財政難のとばっちり!?

先日、大阪市は未利用地309件の売却を決定しました。

081606koutei1_o.jpgその中にわが母校の敷地も含まれておりました。 
 この校舎が竣工した昭和4年。大阪は日本一の大都市となり『大大阪』と呼ばれた時代。
そして、子弟の為にと地域の人から寄付を募り、公立小学校を作っていた時代。
そんな時代から約80年。校舎たちも時代の波にのまれて、解体の一途。80年前には誰も予想していなかった結果。

 この校舎も取り壊しになるのかどうかわかりませんが、新しい計画も、また80年後に惜しまれる建物となる計画にして欲しい。


 現在この校舎は生涯学習センターとして一般利用が可能です。
『大大阪』時代の建物に触れてみてください。


 このシリーズの「ええはがき」7枚セットで¥500。 好評発売中!
お求めは、名品喫茶『大大阪』 または、メール(osaka_eehagaki@yahoo.co.jp)でお申し込みください。
posted by Wa! at 02:22| Comment(0) | TrackBack(1) | ■まちの気になる出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46492805

この記事へのトラックバック

旧精華小学校
Excerpt: 8月18日(土)、大阪ええはがき研究会の定例会(ええかい)が難波にある旧精華小学校でおこなわれました。明治6年に開校し、昭和4年に鉄筋コンクリート造校舎が竣工した歴史ある精華小学校。しかし、少子化..
Weblog: のりみ通信
Tracked: 2007-08-20 01:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。